フィリピン進出

ビジネスでのフィリピン進出をサポートします!

人材

フィリピンの人材について

フィリピンの人件費は確かに安く日本人の視点からしてみると逆にこんなに安くて良いのかと思う人もいるでしょう

しかし裏を返せば安かろう悪かろうというリスクが高いということになる。

確かに勤勉でビジネスマインドが高い人も多いがハズレを引くと最悪である。

まず、最初に雇用にあたって当たる壁がコミュニケーション能力です。

フィリピンでは英語を流暢に話す人は多いが日常会話で使われるのはタガログ語であり、英語を得意と思っている人はそんなに多くはない。

但し、日本のレベルよりは遥かに上の英会話能力ではあります。
そのへんのトライスクールの運転手のおじさんでも英語で日常会話はできます。

英語力がずば抜けて高い日本人に於いてもコミニュケーションの問題が発生している事例が多いのは
流暢に話す事を重点においてしまい、相手にいかに理解してもらおうという工夫や思いやりが欠落してしまっているためであると思われます。

次に、

フィリピン人は嘘つきなのか?という疑問、質問も結構あるが、実際、仕事やプライベートの区別もなく嘘をつく人間はいる。

なかには嘘を嘘と思っていない、バレても絶対に認めないし謝らないなどの最悪の人間もいる。

常識ではありえない理由で無断欠勤したりと悩まされることもあり、仕事以前の問題で振り回されることも多い。

しかしこれはフィリピンだけではなく日本でもよくあることでもある。

フィリピンにはもちろん優秀な人材は多いが発掘するのは結構難しい。

なぜなら会話だけの段階ではフィリピン人のビジネスの能力を計ることはできない。

フィリピン人の能力を計るためには相当のスキルが時間が必要である。

フィリピンでは優秀な人材とハズレの人材の格差は非常に大きい。

しかし!本当に良い人材にあたれば勤勉でキツい仕事でも自主的にやってくれる。また学ぶ姿勢や自分なりにアイデアを考えて提案したりと、最近の日本人にもなかないかいない高レベルの人材に巡り会う事が出来る。